娘の強歩大会

 上州路から信濃路を経て甲斐路へ。群馬県の草津から山梨の我が家に帰る道のりである。甲斐路と言っても途中からは高速道路・中央道。かみさんと娘夫婦を伴って、ゆっくり草津の湯に浸かり、帰りは山梨まで一直線。草津、軽井沢、鬼押し出し、佐久、野辺山、清里、須玉IC。古くは中山道から途中、佐久で佐久往還(国道141)にスイッチするのである。島崎藤村が「小諸なる古城のほとり 緑なすはこべは萌えず・・・」と詠んだ小諸は佐久のすぐ隣、上田寄りだ。


強行遠足_convert_20110802223613
甲府第一高等学校・強行遠足(写真:HPより)


 「お父さんねえ、甲府一高伝統の強行遠足(剛健旅行)は、この小諸まで来たんだよ。100キロぐらいあったのかなあ。でも、小諸のゴールは男子のこと。女子はずっと手前の松原湖まで。40キロぐらいだったと思うよ…」


 「そうだなあ…。そんなこともあったっけなあ~」


 もう24,5年も前のこと。一人娘で、しかも年寄りっ子に育った娘。のほほ~ンと言ったら叱られるが、のんびりと育ち、闘争心もなければ、根性もなさそうな娘が最後まで歩けるか、内心心配したものだ。


強行遠足 1


 そんな心配をよそに、娘は3年間、立派に完歩した。成績など二の次。正直言って内心ホッとした。親バカちゃんりん。足を引きずり、精根尽きたような姿で帰って来た娘を見直しもした。つい、この間のことのように覚えている。




 「男子は学校のグラウンドからのスタートだったけど、女子は高根町(八ヶ岳山麓の清里近くの町)の高根東小のグラウンドから。最初はみんな走るんだけど、長続きはしないんだよねえ…」「この辺の上り坂が一番きつかったんだよ」



 自らが苦労して歩いた道だけに20年以上も経つ今も記憶は鮮明に残っているらしい。



 「でもねえ、あの頃と道はかなり変わっているわねえ…」


 時代は容赦なく人々の記憶にある環境をも変えていくのである。


 「お父さんだって歩いたんだぞ。山梨市から東京の新宿までだ」



 昭和33年秋。日川高校の1年坊主の時だった。考えてみれば、もう53年も前のことだ。大会は山梨市の甲州街道(国道20号)沿いにある学校から一路新宿へ。ゴールは今のJR新宿駅南口。距離約120キロ一昼夜をかけて歩くのだ。ここでも伝統の強歩大会は時代の荒波にさらされた。ぼつぼつ始まり出していたモータリゼーションの影響である。


日川     日川2



 明治期以来続いて来た伝統の新宿コースは、この年を最後に終止符を打ち、翌年、新たに長野・松本コースに切り替えた。つまり、甲州街道を東から西に変更したのである。しかし、ここでも時代の波はいたずらし、交通事故が。いたずら小僧のちょっとした悪行が誘発したものだが、今のように学校側は≪社会の目≫を気にする時代に入っていた。



 これが長い強歩大会の歴史にダメを押した。しばらく中断し、今は車が少ない≪山岳コース≫を歩いている。血豆を作り、足を引きずってでも歯を食いしばって歩く。忍耐力を培う強歩大会は、なぜか若者たちに今も支持されている。高校時代のいい思い出なのだ。




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「
甲信越情報」をクリック いただけると励みになります。
新バナー

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  ← 「山梨情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!