FC2ブログ

勝者のアングルの謎

 今、開かれているパラリンピックもそうだが、オリンピックでメダリストが一様にとる、あるポーズを見ていて、市川右太衛門という、往年の大スターを思い浮かべた。そのポーズとはメダリストがカメラに収まるとき、まるで申し合わせたように、首にかけたメダルを顔の近くに持って行って微笑むか、それを噛んで見せる形のことだ。


メダルを噛む  


 市川右太衛門 といえば北大路欣也のお父さん。というより、そう、あの旗本退屈男の早乙女主水之介を演じた俳優さんだ。少なくとも60歳を超えた人なら誰でも知っている。映画「旗本退屈男」(1930~1963年)は33年間で30作品を数えたわが国の映画史上記録的な人気シリーズだ。

旗本退屈男


 若い頃、その市川右太衛門さんにお会いしてお話を伺ったことがある。映画では早乙女主水之介が悪を懲らしめる見せ場で「天下御免の向こう傷。ご存知、旗本退屈男・・・」と見栄を切って、太刀を構えるシーンがある。右太衛門さんはこのポーズについて、こんなことを話してくれたのである。


 諸羽流正眼崩などという剣法は元々ないんです。映画の世界の話なのですが、最大の見せ場となる見栄を切った後の太刀の構え方にはかなりの時間を費やして、あのポーズを作り上げたのです


 右太衛門さんによれば、着流し姿の早乙女主水之介の看板は、額に紅く刻まれた、三日月型のいわゆる「天下御免の向こう傷。これと「諸羽流正眼崩」太刀の構えを一枚の絵にまとめるには太刀の位置を顔の近くに持ってこなければならなかったというのだ。


 つまり、剣術の基本的な構え方でもある上段、または下段の構えでは額の向こう傷がアップされない。いくら見栄を切ったところで、「天下御免の向こう傷」を強調できなかったら台詞の意味がなくなってしまう。隠れた映画作りの苦労話に、なるほど、とうなずいたものだ。



 オリンピックばかりでなく、各種のスポーツ大会で勝者が顔の横にメダル持って微笑んだり、メダルを噛んで見せたりするのはこの理屈だと思ったのである。カメラマンがそうしたポーズを求めたのが最初だったことは容易に想像できる。早乙女主水之介の刀ではないが、メダルを首から長く吊るしたまま、ニッコリ微笑まれても≪絵≫にならないからだ。



 ポーズをとる、という言葉の一方で、とらせる、という言葉もある。ポーズをとるのは右太衛門さんのような被写体であり、とらせるのは監督やカメラマンである。そこに共通しているのは見る側に、いかに好感やインパクトを与えるかを考えているということだ。それが動画であろうが、スチールの一枚写真であっても同じことだ。



 私達、素人だって、デジタルカメラで写真を撮るとき「ハイ、ポーズ」とやったり、「ハイ、チーズ」とやったりする。いつの間にか撮られる方も「ハイ、チーズ」とポーズをとるようになる。それがオリンピックでのあのポーズにつながるのだろう。それにしても、勝者の笑顔はいつ見てもサマになるし、素晴らしい。



ブログランキングに参加中です
  この下の「山梨情報」をクリック いただけると励みになります!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ

ありがとうございました!




スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!