犬と猫

猫3


 つまらぬことというか、汚い話を度々、お目にかけて恐縮だが、犬と猫は用足しのお行儀が全く違う。猫が自分できちっと始末するのに対して、犬は所構わず、である。私の偏見かもしれない。我が家に住みついた3匹の野良猫や人間の散歩に同行する飼い犬を見る限りのことだ。




 野良でさえ猫は土に穴を掘って用を足し、済んだ後は土を被せて後始末をする。これに対して犬は所構わずだから散歩道にも時として犬の用足しの痕跡が。あっちこっちで苦情さえ出るようになった。今は野良犬などいない。みんな飼い犬である。散歩者の中には糞を処理するための手ごてや袋など小道具を持ち歩く人も。植込みや畑を挟んでいるが、我が家の前を走る道は古道なので幅員が狭く、車が通れない。お蔭で犬を連れての格好の散歩道なのだ。




 散歩の主はいずれも農家の人たち。この辺りはブドウやサクランボを基軸とした果樹地帯。かつては農家の人たちの散歩など、全く考えられなかったが、急速に進んだ機械化がそうさせた。畑への行き帰りは軽トラック。畑の中での仕事は機械依存なので、体を使う部分はめっきり減った。第一、歩かなくなった。

葡萄


 その副産物が犬、と言ったら犬に気の毒だが、ひと頃に比べ犬を飼う農家が目立つようになった。この辺りでは、昔は、犬の飼育は≪番犬≫としてであった。しかし防犯体制の整備や、しっかりした施錠など住宅構造の変化は番犬を用無しにし、犬は単なる愛玩動物に。ペットだ。人間とは勝手なもの。ここでは自分だけではつい億劫になる散歩のアイテムなのである。「散歩をしてやらなければ犬が可愛そう」。それは方便。本当は、とかく意思の弱い人間が散歩をするための足かせにしているのだ。


犬_convert_20110131232331


 「お父さん、うちでも犬を飼おうか。そして二人で歩こうよ。そうしないと足腰がどんどん弱くなっちまうわよ。みんな朝に晩によく歩いているじゃない」



 犬と散歩する人たちに触発されるのか、女房がこんなことを言う。


 「う~ん・・・」



 そのたびに私はどっちともつかない返事をするのである。私が犬の飼育に二の足を踏むのには、ちょっとした理由(わけ)がある。幼い頃、四人の兄弟が可愛がっていた愛犬(番犬)が老衰で死亡、幼心にショックを受けたこと。もう一つはお尋ねした知人の隣の家で見た、放置された犬の糞だ。庭のような空地は糞だらけ。それに抜け毛。庭と言わず、玄関先と言わず、抜け毛がいっぱい。恐らく家の中も…。




 もちろん、これは特異なケースに決まっている。でも、なぜか犬の飼育話とオーバーラップしてしまうのだ。これも特異なケースだろうが、世の中には犬屋敷だの猫屋敷と言われて世間のひんしゅくを買って平然としている人たちがいる。一方で、犬や猫に留まらず、愛玩動物としながら、飽きれば、次の日はポイ。人間、勝手すぎないか。ニシキヘビだのワニだの通常では考えられない≪ペット≫がいとも簡単に捨てられる現実があるのだ。人間、いつかバチが当たる。動物をなめたらいかんぞね…。




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「
甲信越情報」をクリック いただけると励みになります。
新バナー

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  ← 「山梨情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

こんばんは

猫と犬を両方飼ったことがあるので、下のご質問の回答を。
都会の猫は、猫砂という、ホームセンターなどで買った専用の砂を猫トイレの中にいれて用をたします。
犬は犬用トイレに犬用トイレシートを敷いて、そこでします。
我が家のノワールは、はじめはずっとシートの上でしていましたが、散歩に行ってするようになりました。ですので、いつもペットボトルに水を入れて、おっしっこをした後水をまいています。おしっこをする場所もところかまわずしないように、しつけています。
もちろん大きいほうをしたら、袋にとって、家に持って帰ります。
トイプードルは春秋毛が抜けかわらないので、アレルギー体質の私も飼えます。

犬と猫それぞれのよさがあるように思っています。
いずれにせよ、どんな生き物も人の都合で捨てたりしないでほしいですよね。
ポチ

 『犬と猫は用足しのお行儀が全く違う』

 人間の目線 特にペットとして飼うという条件下では猫のお行儀に軍配を挙げられるのは良く判るのですが、もっと其々の動物の本態性の差と言う事も出来るかと思います。 猿 特にチンパンジー ゴリラなどは人間に近い知能を持ち学習能力も長けていると言いますが用便の躾 場所特定をいくら教え込んでも覚えないそうです。樹上生息動物の共通した特徴だそうです。犬は排便・排尿がテリトリーのマーキングと考える説も有ります。猫のお行儀の良いのも何か生き延びる為の本来備わった能力・本能のような感じが致します。

癒しグマさんへ

 やっぱり躾をちゃんとなさっているのですね。特に幼い頃からのしっかりした躾が大切なのでしょうね。逆からいえば、そんな人間を裏切らないのが動物かもしれませんね。そこにいくと人間は・・・。

柳居子さんへ

 そうですよね。犬や猫ばかりでなく、私たち人間も含めたすべての動物が生き延びるための知恵、もっと言うならば本能のようなものが動きの中に見え隠れするのでしょうね。
 でも躾という名の教育や、愛情を持った訓練によっていかようにも変わるのが、また人間も含めた動物かもしれませんね。本能と他動の躾、さてどちらが…。
ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!