門前の小僧

P1010036_convert_20111107175855.jpg  


 「門前の小僧、習わぬ経を読み」。先人はうまいことを言ったものだ。10月末、地域のお寺であり、菩提寺である寺院の新命方丈(新住職)の晋山式で、参列した檀信徒の代表が誰しも、「オヤッ」と感じたのは幼い≪チビッ子和尚≫の存在だった。



 晋山式を営んだのは山梨市の曹洞宗巌松山信盛院。晋山式は同寺院の開山450年忌と合わせて催された。この≪チビッ子和尚≫、聞けば小学校の2年生。晋山式を営む、それは大勢の方丈さんの中のお一人のご子息。≪チビッ子和尚≫といえども、大人と変わらない法衣をまとい、お父さんらしい方丈の脇に。ちょこんと座る≪チビッ子和尚≫はいかにも可愛らしい。


P1010035_convert_20111107180007.jpg



 もちろん、まだ得度していないから方丈ではない。立派に法衣をまとっていても「お拝」と呼ぶ「挨拶」の時に使う、布団代わりのような布は与えられていない。「お拝」とは儀式における僧ならではの挨拶の仕方で、座っては立ち、下座を3回繰り返し、頭を伏して相手に礼を尽くす。私など市井の人間には、その呼び名を何というか分からないが、布切れは畳半畳ほど。布団代わりではなく、法衣を汚さないための意味があるらしい。




 この≪チビッ子和尚≫が参列者をうならせたのは、晋山式のクライマックスである禅問答新命方丈と呼ぶ新しく住職になったばかりの和尚に弟子の方丈たちが代わる代わる問答を仕掛けるのである。≪チビッ子和尚」は、その前座?の口上も。仏教用語が多いから、いい歳をして恥ずかしながら中身の意味はよく分からない。ともかく、その口上は堂々としていて聞くからに、見るからに大人顔負け。


P1010034_convert_20111108220318.jpg


 「○○や、いかに?」。須彌壇で仁王立ちする新命方丈に質問を浴びせる。弱冠10歳にも満たない≪チビッ子和尚≫の堂に入った、見事な振る舞いは本堂を埋めた300人近い参列者をうならせた。市井の人間にとっては堅苦しくもある二日間にわたる仏事の儀式。その堅苦しさを吹っ飛ばしてくれるような、一服の清涼剤でもあった。


P1010016_convert_20111107180223.jpg



 信盛院の安下処(所)を代々務める現在の当主でありながら、私は仏の習わしには正直言って無頓着。実は今月の親父の二十七回忌法要もかみさんに促されての実施だ。「お父さん、ご先祖の供養は、ちゃんとしないとダメですよ」。普段と違って、返す言葉もなかった。


P1010017_convert_20111107180450.jpg


 そんな無信心の≪ご苦労なし男≫。何故か、身の周りに仏教の影が。代々の安下処もさることながら、うちのかみさんの、おふくろ、つまり私の義母の兄は、日蓮宗総本山身延山久遠寺第88世の法主だった。その法名を「日慈」と言った。東京は葛飾柴又の帝釈天でお馴染みの「題経寺」。そこの住職から身延山に直った。あの映画「男はつらいよ」の寅さんが慕う住職は、この和尚がモデルだ。映画では笠智衆が演じた。笠は元はと言えば熊本県のお寺さんの息子だというから面白い。坊さんの息子が坊さん役を演じたのだ。




 お蔭で身延山久遠寺の奥の院とよばれる「水明楼」には何度もお邪魔した。そんな折に謙虚に説法でもお聞きしていたら・・・。≪ろくでなし男≫も少しはましになっていたかもしれない。今となってはあとの祭りだ。門前の小僧であったら違っていたかも。




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「
甲信越情報」をクリック いただけると励みになります。
新バナー

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  ← 「山梨情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

門前の小僧さん立派ですね。将来が楽しみです。時間が無いのでもう一度じっくり読ませていただきます。

No title

久遠寺 
親子三代にわたって造られた石段
わざわざ見に行ったことを思いだしてます
急な階段だったなあ

全く立派です

 小学校も、わずか2年生で長い漢文を読み、さらに禅問答までするのです。ゴチさんがおっしゃる通り、立派そのもの。舌を巻きます。門前の小僧、つまり普段の≪教育≫ですね。

私などには登れません

 inakaさんが言われるように、あんな長い、しかも急な身延山の石段、今では私など、上るのを憚ります。お城の石段と同じように寺院や神社、お宮の石段は、わざわざ上りにくく作ってあるのだそうです。万一の場合、敵に攻めにくくするためです。石段の数は、そこの風格にもつながるのかもしれません。

久遠時に縁があるなんて

日蓮宗の総本山久遠寺に縁があるなんて素晴らしいですね。門前のお嬢様を迎えておいて不仲をしては罰が当たります。大事にしてあげて下さい。(笑)
帝釈天の和尚の話も初めて知りました。日蓮と言えば千葉県勝浦にある「誕生寺」を思い出しました。

縁があっても…

  縁があってもごくろうなし男では何にもなりませんよね。ゴチさんがおっしゃるように日蓮の生誕地は千葉。山梨は本山の身延山久遠寺を開基した地。新潟の佐渡は流刑地ですね。この三つの県に日蓮宗のお寺さんが多いのもそのためでしょうね。
ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!