彼岸とハワイの老夫婦

 明日、9月23日は彼岸の中日。「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったものだ。連日30度を超すあの猛暑がウソのように朝夕は肌寒さを感ずるようになった。この彼岸に合わせたのか86歳と84歳になるハワイの老夫婦が来日した。わたしの従兄弟。ハワイ2世とはいえ、日本人の≪純血≫だ。従兄弟の親父は私の家から出た人で、墓地も山梨市にあって、両親やひと足先に逝った弟も眠っている。



 この夏、女房とハワイ、シアトル、そしてカナダも含めたアラスカクルーズをした時、さまざまの世話をしてくれた夫婦である。やはり歳には勝てない。足腰は確実に弱くなっている。私達夫婦は、何とかこの二人を、そう遠くならないうちに来日させてあげたい、と考えた。 



 「もう、俺達には長旅は無理だよ」



 「そんなことはないさ。俺達が成田への出迎えはもちろん、滞在中のフォローをするから大丈夫さ」

2.jpg



 そんなやり取りの末での来日だった。年齢と、自分が一番よく分かる足腰、思い切った日本行きであったことは容易に想像できる。航空会社の職員に車椅子を押されて、出国ロビーを出てきた従兄弟は出迎えた私達と満面の笑みで握手した。3ヶ月ぶりの再会と無事、訪日出来てホッとした気持ちが交錯したのだろう。目には涙が浮かんでいた。



 この老夫婦の訪日が双方の先祖への墓参りと親しい友との再会であったことは言うまでもない。それも≪最後の訪日≫と決め込んでいる心のうちを思うと、胸が熱くなった。自分だってその心のうちが分からない年齢ではない。痛々しい気持ちになったのは私の思い過ごしだろうか。



 成田から最初に向かったのは東京・品川に住む友の高級マンションだった。田舎者でもカーナビという便利なものがあるから案内役も苦にならない。この夫婦も75歳前後。大喜びで歓待し、すっかりハワイへの足が遠のいた自分達を省みながら仕事で飛びまわった頃の思い出話に花を咲かせた。夜は行きつけの寿司屋に。話は尽きなかった。


 
 翌日は小平市へ飛んでワイフの先祖の墓参り。都営だという小平霊園は初めてだと迷子になりそうなほど大きい。墓地のスタイルもさまざまで「壁墓地」「芝生墓地」と表示された、田舎では見慣れない墓地の区域もあった。そこから今度は青梅の病院へ。病院と言うより介護施設だ。ワイフの幼馴染のお見舞いである。それほど間を置いていない再会だそうだが、あまりの変わりように、密かに目頭を押さえる従兄弟夫婦が痛々しかった。

1.jpg

 

4.jpg



 見舞いする人、される人。同ない歳でもこれほど差があるものか。自分もそう思った。年老いた従兄弟夫婦は自らの行く末とオーバーラップしてみたに違いない。80歳も半ばを過ぎると、誰しもが時として自らの終末を考えるだろう。山梨に着くと、明日は我が家の墓地と隣り合わせにある従兄弟の先祖の墓参り。彼岸が済んだら、雰囲気をがらりと変えて山梨の秋を明るく満喫させてやりたいと思った。



ブログランキングに参加中です。  
↓この下の「山梨情報」をクリック いただけると励みになります!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ

ありがとうございました!

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!