FC2ブログ

サントリーニワイン

P1010465_convert_20120523093626.jpg


 エーゲ海に浮かぶ島の一つ、サントリーニ島には、観光客を喜ばせる、いくつかのスポットが。島の中心にはフィラ(Fira)の町、北西にはイア(Oia)の村があるが、そのたたずまいは全く違う。

 
 087_convert_20120523093943.jpg



 海から見れば、まるで山の頂に雪が積もったように見える白い家並み。この島で採れる石灰岩を使った四角い箱のような建物である。伝統のキクラデス建築というのだそうだ。山の頂に街を造っている。そんなイアの街並みと対照的なのがフィラの街並み。山の中腹の断崖絶壁のような所に、これまた白亜の家並みを造っていた。見事な造形だ。



 
P1010450_convert_20120521124727.jpg


 山梨の片田舎からやって来た私たち弥次喜多夫婦ならずとも、誰しもが「よくもまあ、こんな所に」と思うほど。海抜300㍍の火山灰の崖の上にアトランダムに並ぶ家並みは、眼下に広がる紺碧の海に、それは、それはよく似合う。サントリーニ島はギリシア本島から約200㌔南にあるエーゲ海の小さな火山島。正式の名はティラ島といい、キクラデス諸島の南端に位置しているのだという。この島はサントリーニワインでも有名。


P1010462_convert_20120523094116.jpg


 その原料となる葡萄の木が面白い。バスでつづら折れの山道を上っていくと、その沿道に葡萄の木が。ここでは簡単に葡萄の木というが、説明がなければ、ガレ場のあちこちに生える雑木、いや雑草。その土壌は、およそ葡萄畑なんてシロモノではなく、野山の、それもまさにガレ場だ。規則正しく植えてあるのではなく、所々に自生しているといった感じ。芽吹きのこの時季だからか、ツルもなく、直径30㎝ぐらいの株。高さも30㎝に満たない。海風にさらされ、大きくなれないのだろう。


P1010446_convert_20120521124641.jpg


 「お父さん、あれが葡萄の木なの?」


 隣のシートに座り、現地ガイドの説明を聴いていた女房は、信じられないと言った表情で言った。山梨の我が家の葡萄園とオーバーラップしたのだろう。日本とヨーロッパの葡萄作りの違いくらいは、女房だって知っている。日本は梅雨があるから、雨が葡萄の房に跳ね上がらないように、世界でも希な棚栽培方式をとっている。それもワイン用ではなく、生食用が主体。

葡萄畑
我が家の葡萄棚



 果樹農家の倅に生まれた私にだって、サントリーニ島の“葡萄畑”は咄嗟には理解できなかった。緻密な日本人と、何事もおおざっぱな欧州人の違いか。収穫量を向上させたり、収益性を考える、そんなことは全く考えていないように見える。自然の恵みとの共存なのだろう。逆から見れば、それが成り立つ流通や経済の仕組みがいい。


045_convert_20120523093829.jpg


 その夜、船のディナーで、サントリーニワインをオーダーしてみた。うまい。「お父さん、私にも…」。普段、お酒など、ほとんど飲まない女房も「これおいしいわね」。つい、数時間前、島で見たへんてこな葡萄の木から連想したのだろう。船のレストランでのディナーの飲み物は日本酒がないので、私は冷たいビール。サントリーニ観光に合わせて、船のレストランが、そこのワインを用意してくれているのも嬉しい。帰りがけに付いてくる確認のためのレシート。請求金額はユーロだからピンとこない。(次回に続く)




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「
甲信越情報」をクリック いただけると励みになります。
新バナー

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  ← 「山梨情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!

スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【サントリーニワイン】

 エーゲ海に浮かぶ島の一つ、サントリーニ島には、観光客を喜ばせる、いくつかのスポットが。島の中心にはフィラ(Fira)の町、北西にはイア(Oia)の村があるが、そのたたずまいは全く違う。

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 職場を離れた後は«農業もどき»で頑張っています。傍ら、人権擁護委員やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は«もどき»とはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは、身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!