“第二のお母さん”

 母親の27回忌法要に臨む3人の男の子達は、いずれも30歳を超え、子を持つ親になっていた。中でも長男の年齢は、丁度、母親の享年である38歳。二つ違い、三つ違いの弟たちも間もなく、その年になる。

  


 法要が営まれた埼玉県志木市のお寺さん。立派な本堂の祭壇に安置された遺影も心なしか色あせているようにも見えた。普段は見慣れない本堂の中を物珍しげに飛び回る無邪気な5人の孫達。みんな26年の歳月がそうさせたのである。

子供_convert_20120606114602


 「5人のよい子の皆さん。よく我慢して静かにしていてくれましたね。和尚さんは、皆さんがあまりにも元気なので、いくつもの、お経を読み終えることが出来るかなあ、と、内心心配していました…」




 方丈さんは読経の後の法話の冒頭で、こんなことを言った。広い本堂の中を駆け回っていた幼子達。威儀を正して読経を聴き、祭壇に香を手向けるお父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃん、叔(伯)父さんや叔(伯)母さん、それに大叔(伯)父や大叔(伯)母さん…。幼いながらも動物的にその場の厳粛な雰囲気をかぎ取ったのだろう。いつの間にか静かになった。仏壇の遺影は見たことがあっても、自分のお母さんと同じくらいの“おばあちゃん”。今、行われている法要の意味だって分かりっこないはずだ。


菊_convert_20120606114340


 そんな幼子達をよそに、この日の法要を最も感慨深く受け止めたのは3人の子供達だっただろう。祭壇のお母さんの遺影に手を合わせた。この男の子達には、もう一人手を合わせなければいけない人が居た。“第二のお母さん”である。言葉に出さないまでも、きっと感謝の念を込め、手を合わせたに違いない。




 「お母さん、オレたちは、お母さん亡き後、今のお母さんのおかげで大きくなり、こうして所帯を持ち、子供を持つ親になったよ…」




 それぞれが自分たちを生んでくれた母親に心の中で、そう報告しただろう。




 「お父さん、富士子さんって、凄い人だわねえ。“第二のお母さん”でありながら、3人の子供を立派に教育、何不自由なく育て、それぞれ所帯も持たせた。全てにさりげなくするあの気配りだって人には真似が出来ないわよね。自分のお腹を痛めた子にだって、あれだけのことは出来ませんよ」

親子_convert_20120606110322


 子供達の“第二のお母さん”ほ「富士子」と言うのだが、女房に何時もそう言わしめる。そう感ずるのは私たち夫婦ばかりではない。法要が済んで、おときの席。私のすぐ下の弟らお招きを受けた人たちは一言スピーチで同じようなことを言い、敬意の気持ちを表現した。これより先、冒頭の施主の挨拶で“二人の妻”の亭主は「私が言うのはおこがましいが…」と前置きしながらも「富士子、本当によくやってくれた。ありがとう」と。




 一言居士で、どちらかと言えば気難しいタイプの弟が放った最大級の賛辞だった。そんなお母さんだから3人の子供夫婦は、お母さんを慕い、孫達も「おばあちゃん」が大好き。今回の法事の仕掛け人もこの人?先妻の法事である。人間とはかくありたいと思った。

家族_convert_20120606114724

ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「
甲信越情報」をクリック いただけると励みになります。
新バナー

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  ← 「山梨情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

 特別 何をしたと云う事では無く ごく普通の人の常の営みが、考えてみると結果として大変な偉業を成し遂げているのでしょうね。
良いお話だと思います。
  

No title

いいお話です なかなかこのようにはいかないはず

そうですよねえ…。

 文字で書けば数行で済ますことが出来ますが、人間、それを実行するとなると容易ではありません。絶対と言ってもいいかもしれません。私は義妹(いもうと)を見ていて、「人間かくありたい」とつくづく思っています。柳居子さんやtougei1013さんには、少なくとも分かっていただいたような気がいたします。ありがとうございました。
ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!