富士登山の今昔

富士山2_convert_20120706104635


 富士山への登山者の数は、ここ数年、20万人を超えている。恐らく今年もその記録を更新するのだろう。山梨・静岡両県が進めている富士山の世界遺産登録への動きも少なからず影響を及ぼすのではないか、と言うのだ。




 20万人を超す登山者。その数字が大きいか、小さいかは人それぞれの受け止め方に委ねるとして、データの基準は夏山シーズンの期間中。つまり、お山開きの7月1日から、お山仕舞いの8月26日までの57日間である。単純計算だと一日平均3,500人以上の人が富士山に登る勘定だ。ピークは梅雨明けの7月終わりと8月前半の週末。これまでの例だと一日で1万人をはるかに超す。




 登山者の誰もが8合目から山頂の間でご来光を拝もうとするから登山のスケジュールは、大なり小なり同じ。溶岩の登山道に列をなし、8合目や9合目の山小屋付近は、ご来光に向かって「万歳」を叫ぶ登山客でごった返す。


富士山2_convert_20120702102718



 その姿はカラフル。色とりどりのヤッケに身を包み、リュックサックもスマートだ。登山シューズもそれぞれが好みに合わせて嗜好を凝らしている。ひと頃のようなゴッツイ、いわゆる「登山靴」は影を潜めているのだ。六角棒の金剛杖は、今も昔も変わらない。「山ガール」がだんだん幅をきかせているのも当世風か。


山がーる_convert_20120706103618



 ♪頭を雲の上に出し 四方のお山を見渡して 雷様を下にきく 富士は日本一の山


富士山_convert_20120706104053


 
 ご存じ,唱歌「富士山」だ。雷雲は総じて高度2千数百㍍界隈に発生する。日本一の富士山は3,776㍍。富士山にとどまらず、高い山に登れば雲海と呼ばれる雲の群を眼下に見ることが出来るのである。その雲海だけでも感動するのに、そこからオレンジ色の太陽が顔を出すのだから人々が「万歳」を叫んだり、手を合わせたくなるのは当たり前。




 富士山のお山開きを前にして山梨日日新聞にこんな記事が載った。その見出しは


 「地元なのに『富士登頂した』は少数派」。
 「小学生8% 中学生15% 親36%」



 このデータは富士山の麓・富士河口湖町の教育センター(武藤郁夫所長)が町内の全小中学生とその保護者や教師を対象にしたアンケート調査の結果。「へ~え、そんなものかねえ」とびっくりするか、「そんなものさ」と、半ば予想通りと受け止めるかはその人次第。



富士山3_convert_20120706105213



 ただ一つだけ言えるのは、地元の人間にとって富士山が空気のような存在である、ということ。新鮮でもなければ、珍しくもない。間もなく、子供達は夏休みに。山国の子は海に憧れ、海辺の子は山に惹かれる。そんな行動パターンが、そのデータの裏側にあるのかもしれない。私のように百姓の倅に生まれた人間が野菜作りに新鮮みを覚えなかったり、面白さを感じないのと同じ…。(次回に続く)




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「
甲信越情報」をクリック いただけると励みになります。
新バナー

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  ← 「山梨情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!