富士山への道

富士山5_convert_20120706155924


 「そこに山があるから登るのだ」


 ある登山家が残した言葉である。一見、単純にも響くが、奥深い。未知への飽くなき挑戦であり、様々な苦難の克服をも意味する。そんな冒険家にも似た登山家はさておき、山登りの醍醐味や、そこで味わう爽やかさ、達成感は、体験した者にしか分からない。


  • 富士山3_convert_20120706160801


 それも私のようなメタボ人間には、今となっては体験すること自体、おぼつかない。富士山には2度登ったが、体力十分の若い頃。それも一合目からではなく、「馬返し」と呼ばれる五合目に近いところからである。若気の至り、二日酔いのような状態での登山だったこともあって,悪戦苦闘した想い出がある。緑の木一本あるわけではない。あるのは荒涼とした溶岩のガレ場だけ。空気が薄いことさえ実感する。頂上がすぐそこに見えてもなかなか到達出来ないのだ。「富士山は登る山ではなく観る山」。誰かが言った言葉を思い浮かべた。



 「もう金輪際、山登りはご免。富士山になんか来るものか」



 正直言って、そう思った。仕事を兼ねて登った南アルプスのちょっとした山でも,そんな体験をした。ところが山登りとは不思議。山頂など目的地を極めた途端、その苦しさがウソのように吹っ飛び、爽快さに変わるのである。もっと言えば「来てよかった」と、しみじみ思うのだ。苦しければ、苦しいほど、それへの喜びが倍増する。日常のどんなことにもいえる事かも知れない。


富士山4_convert_20120706160250



 富士山への登山は,今では吉田口五合目の登山口から。一合目から、つまり車を使わずに登る人はほとんどいない。その昔、車がなかった時代は,全てが人間の足による登山だった。一合目、二合目,三合目…。その尺度は諸説あるが、ランプの油の消費量説が有力だという。夜、麓から山頂までをランプの明かりで歩いた場合の10等分。だから、その物差しは距離や高度とは全く関係ないのである。例えば胸突き八丁、八合目から九合目、九合目から山頂は、すぐそこに見えても時間がかかり、なかなかたどり着けない。


富士山



 日本人は古代から山に畏敬の念を抱き、信仰の対象にして来た。富士山はそのシンボル的な存在であった。地元の山梨や静岡をはじめ、全国各地に「富士講」と呼ばれる信者組織があった。中でも江戸時代、江戸八百八町には、数多くの富士講が組織され、富士山信仰はピークにあったと言われる。




 当然のことながら、その“ご一行様”を受け入れる宿舎も必要。麓の富士吉田市上吉田(現)や富士河口湖町大石(現)には「御師」と呼ばれる宿坊が軒を連ねた。その中心には北口本宮、または河口湖浅間神社があった。もちろん今でもあるが,白装束で身を固めた富士講の信者は「御師」で体を休め、身を清めて,それぞれの浅間神社に参拝。富士山の山頂を目指すのである。「御師」,浅間神社ともに、かつては河口湖の方が栄えたという。



富士山3
富士山NET より


 富士講信者の数の動きはともかく、交通の便利さが,そんな富士登山のスタイルを過去のものにした。電車やバスで簡単に富士山に向かう。それも麓からではなく、五合目からである。今は消えたが、かつては富士山へのロープウエイ架設論もあった。



ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「
甲信越情報」をクリック いただけると励みになります。
新バナー

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  ← 「山梨情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

ロープウェイ あれば便利ですね 横着者なので

 あったらいいのになあ…。

 「霊峰富士にロープウエイとは何事ぞ」、「富士山への建造物は自然破壊だ」・・・。誰かが本気でロープウエイ架設論をぶち上げようものなら“識者”、“文化人”と称する人たちは恐らく、すぐに目くじらをたてる。「教育上、よくない」・・・。東京・お台場へのカジノ設置案も同じ。
 歩きたかったら歩けばいい。カジノが嫌なら,やらなければいい。世の中もっとあっけらか~ん、とで出来ないものでしょうかねえ~。私はいいと思いますがねえ…。tougei1013さんの仰る通りです。

冨士山小御嶽神社

こんばんは、今夜のニュースで冨士山小御嶽神社(五合目)の駐車場に地震によると想われる亀裂が見付かっていたと言う事です。今後の研究が待たれます。

噴火の前兆だったら…

 どうやら噴火の前兆ではなさそうです。地震で揺すぶられた痕跡のようで…。ゴチさん、先日の山登りはいかがたったですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!