芸術の秋

花籠牡丹図_convert_20121018112321
花籠に牡丹図(狩野探幽)


 山梨県立美術館で「大倉集古館名品展」を見た。11月25日まで約1ヶ月半の会期に先立つオープニングに招かれての観覧。女房を連れて出掛けた。美術館は甲府の中心街からちょっと離れた所にあるのだが、甲府に住まいしていた時分と違って山梨市の片田舎に引っ込んだ今、つい出掛けるのが億劫になって久しぶりの美術館行きであった。


能装束夕顔_convert_20121018150122
能装束 鬱金地垣夕顔模様縫箔


 山梨県立美術館は、文字通りの地方美術館だが、昭和50年代初頭、「ミレーの美術館」として開館、一世を風靡した。その後もミレーの作品を集めて“個性”を発揮。県内はもちろん、首都圏を中心に広くフアンを集めている。オープニングセレモニーで招待者を前に挨拶した館長は「開館から30数年、入館者は1,500万人を超えた」と、胸を張った。



山梨県立美術館_convert_20121018105407



 開館時の目玉は言わずもがな、「種を蒔く人」購入価格は約3億円。その後、バブルを背景に絵画の価格は、一桁、二桁は珍しくはなくなるのだが、当時とすれは破格なお値段。「山梨のような貧乏県で、こんなに高い買い物は、とんでもない」。美術館建設と並行して極秘に進めてきた購入計画が明るみに出ると、県政を巡る党利党略も絡んで県議会は議論百出。県政与党自民党の反主流派と野党は反発を強めたものの、「種を蒔く人」に文化の伝導を託す世論に圧倒されて、反論は次第に衰退していったのである。


種をまく人_convert_20121018105517
種を蒔く人(ミレー)


 以来、同美術館は、ミレーの作品を中心とした常設展と、今度の「大倉集古館名品展」のような特設展を併設しながらフアンを集め、全国の地方公立美術館としてはユニークさ屈指の存在を維持してきた。このほか、県民にも展示スペースを開放。地域の公立美術館ならではの計らいも。絵画や陶芸、書道など芸術団体の格好の発表の場となっている。




 美術館があるこの一帯を山梨県は「芸術の森」と名付けた。公園と言ってもいい広大な敷地には、やはり県立の文学館が。芸術と文学。いっぺんに接することが出来るのである。文学館では、芥川龍之介展や飯田蛇笏展が開かれていた。言うまでもなく飯田蛇笏は山梨県出身の俳人。生家の笛吹市(現)境川町大黒坂に庵を構えて句を詠み、芥川龍之介や太宰治など多くの作家・文化人とも交流した。




 芸術の森は春夏秋冬、さまざまな息づかいを見せ、しばらくすると一帯は紅葉に染まる。美術館の裏庭とも言える所にある庭園は、時として野点のコーナーになったり、特設展のオープニングレセプション会場にも早変わりする。招待者を集めての開会セレモニーやテープカットで初観覧を済ませた後、庭園で開いたパーティー。立食でサンドイッチやケーキのほか、野点のお茶も振る舞われた。各界の招待者が和やかに交歓するのである。


美術館の森_convert_20121018105205


 「やあ~、どうも…」。久しぶりにお会いした方もいる。「ご無沙汰してまして…」。「いやあ、こちらこそ」。パーティーは人と人との再会の場でもある。足下の芝生は柔らか。周りの木々、カエデはほんのり紅葉を始めていた。10月も半ば。自然は正直だ。




 「お茶を一服、どうぞ」。鮮やかに赤く、大きな日傘の下に誘われて結構なお点前を。招待者の中には様々な方がおいでになる。裏千家の山梨県代表のこの人は、私のような凡人にも。ふと、二十歳も間もない若かりし頃、初釜に招かれて緊張した想い出が…。(次回に続く)




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「
甲信越情報」をクリック いただけると励みになります。
新バナー

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  ← 「山梨情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

芸術の国

甲斐は果物の国と言うイメージが強いですが八ヶ岳山麗などを含めると芸術の国でもありますね。開館当時、ミレーの話題で盛り上がった事が記憶に残っています。その後の活動も活発なようで甲斐の国は文化、工業(研磨)、観光、果樹園などの更なる発展が期待されます。
ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!