万歳の明暗

 こんな言い方をしたら叱られるかも知れないが、師走の「政治ショー」は終わった。街角はむろん、テレビを囲んだ茶の間を巻き込んで日本中が大騒ぎした総選挙が幕を閉じた。でも、もう一騒ぎしないと年は越せない。3年3ヶ月ぶりに政権を奪還した自民党が安倍首相のもとで内閣を発足させ、名実ともに新政権を樹立して一区切りだ。




 選挙開票の真っただ中で、「万歳」を叫び、その余韻もさめやらないまま登院の準備をする先生達。その一方で永田町の議員会館事務所を引き払う落選組。師走の寒空の下で繰り広げられた政治ショーの舞台裏は悲喜こもごも。「猿は木から落ちても猿だが、政治家は落ちたら只の人」。ある老政治家が残した有名な言葉だが、まさにその通り。自ら選んだ道とはいえ、心中はお察しする。


選挙_convert_20121221091036


 「日本国憲法第7条により衆議院を解散する」


 衆院議長のその一言を合図に一斉に起立して「万歳」を叫んだ480人の先生達。あれから1ヶ月。当たり前の事ながら明暗を分けた。特筆すべきは8人もの閣僚の落選。内閣の半分が討ち死にしたのだから、前代未聞の出来事である。市井の私たち、ちょい悪“雀”どもが「大臣も地に落ちたものだ」と罵っても反論すら出来まい。



 「お父さん、国会という所はおかしな所ね。無理矢理、解散されたのに、どうして万歳、万歳と嬉しそうに叫ぶの?一人一人の国会議員の先生達は、本当は解散などして欲しくはないんでしょう?」



 茶の間で、国会解散を伝えるニュースを見ていた女房が独り言のように言った。



 「あの万歳には“ふてくされ”もあるようにみえるよなあ~。それはともかく、解散国会の万歳には諸説あって、来るべき選挙戦に勝ち抜いて再び、この本会議場に戻ろう、つまりそんな願いを込めての気勢というのが、どうやら一般的らしい。いつからかは定かではないが、歴史は古く旧憲法下の帝国議会から続いている衆議院解散時の伝統だそうだ」



 「へえ~、でもピ~ンと来ないわね…」



 日本人は「万歳」が大好き。忘年会や新年会の座敷でも最後の締めは万歳。間もなく迎える元日の拝賀式でも「この一年、皆様にとって…」と、やっぱり万歳。結婚式や竣工式でもそうだ。「三本締め」とか「一本締め」という“締め方”もあるが、やっぱり万歳の方が…。「一本締め」は「関東の…」と、前置きするくらいだから関東地方特有かも知れない。


万歳_convert_20121221115529


 「万歳」は、お隣の中国や韓国、北朝鮮でも。その国の新聞報道を伝えるテレビで、ちょいちょいお目に掛かる。元はといえば“本家”はそちら。中国などを旅した時、街角の看板でしばしばお目に掛かる。「万歳」は中国からの“輸入品”なのだ。

万歳2_convert_20121221115717


 衆院選開票日の夜、当選を伝えられた先生達は、支持者達の「万歳」の嵐の中で平身低頭。「国家、国民のために…」、「党や国の有り様を変え、皆さんの生活を…」と、まるで天下を取ったように大見得を切る。「本当にそんなことが出来るの?」と、茶の間で冷ややかに観ている“観衆”を尻目に選挙戦を熱く戦った支持者達は「万歳」に沸いた。その一方の陣営は…。




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「
甲信越情報」をクリック いただけると励みになります。
新バナー

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  ← 「山梨情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

厳しい現実が待っている

勝利した自民党ですが厳しい現実が待ち受けています。上手く処理できなければ民主党と同じ運命になるでしょう。そんな折、早速安部さんの特使が韓国に派遣されるようです。日本はそれまでしてでも韓国を頼らなければならなくなってしまったのでしょうか。政府による「竹島の日」は棚上げにしたようです。中国包囲網を優先する積りかもしれませんが、一つ間違えると国民に背を向けられます。国会議員ほど変わり身の早い人種はいないですね。今頃握手してくれる先生はいないと思われます。意外に早すぎた政権交代、自民党の先生達の反省がどれほどであったのかじっくり観察する事にします。

政治家とは?

 自分が歳とったせいでしょうか、政治家がだんだん“小粒”になっていくような気がしてなりません。勝たんかな、を優先する余りにその場限りの候補者選びをし、国民の生活や国家の有り様を考えているようには見えません。政治家はどっしり構えて“国家100年”を考えてくれなければ困るのです。選挙は人気投票のような軽いものではありませんよねえ…。

No title

『バンザイ』の発声は、国産の様です。 いつもながら旧い記事貼り付けのます

≪万という字 漢音では「バン」だが 呉音は「マン」と読む。歳の字は漢音よみ「セイ」が 呉音では「サイ」と読み方が変わる 万歳の一番古い使用例では、古代中国斉の時代(前三世紀) 天子の長寿を祝って『民 万歳を称す』という記録を、和田垣謙三先生が見つけられた。

日本では、明治憲法発布のとき 奉祝の言葉を皆で唱える事となり
文相 森有礼が 奉賀を発声する様に下したが あほうが 阿呆がと聞こえると沙汰止みになり 万歳に決まったようだ ただ漢音よみ 「バンセイ」も聞こえが悪く 呉音よみ「まんざい」は、三河万歳のPRになる。和田垣先生ら知恵を絞り 漢音呉音交じりの『万歳・ばんざい』が世に出た。明治22年2月11日 憲法発布の日 天皇を迎える二重橋で三唱したのがわが国の最初の万歳≫
ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!