不思議な歌

卒業証書


 「仰げば尊し」とか「蛍の光」という歌は実に不思議な歌だ。童謡や流行歌のように普段、口ずさむ訳でもなければ、ましてやカラオケで歌う歌でもない。宴会で、ほろ酔い気分でうたう歌でもない。卒業式など一生のうちでも極めて限られた時にしか歌わないのだ。特に「仰げば尊し」は、卒業式以外では絶対に歌うことはない。その卒業式だって6・3・3制、つまり小学校、中学校、高校の3回だけ。大学の卒業式で歌った記憶はない。在校生の立場で、聞くことはあっても歌う事は、6・3・3制の卒業式の3回だけなのだ。




 それでいて多感な時期の子供達や、その子供達を教えた先生達の胸を熱くし、涙まで流させる。私も一緒だが、母校の日川高校の卒業式に招かれて胸を熱くしたという同窓会の役員氏のように70歳を遠に超えた人たちまで、その世界に引っ張り込むのだ。




 根っからに音痴な人間に歌の講釈をする資格もないし、するつもりもない。でも、歌とは不思議だ。一生の内でも二度や三度しか歌わないのに歌詞やメロディーをいつまでも忘れない。そればかりか、その時代、その時代の想い出を蘇らせるのである。もちろん、歌とは、おしなべて、そういうもの。だが、「仰げば尊し」は広く年代とか、世相を反映するのではなく、学舎を舞台にした友の顔や恩師の顔など子どもの頃の三年間であったり、六年間を見事に蘇らせてくれるのだ。




 ただ、近年、この「仰げば尊し」や「蛍の光」を歌わない学校が増えているというから寂しい。少なくとも私の地元の小学校では、もうかなり前から子供達に歌わせていない。国歌「君が代」も含め、“進歩的な先生方”のご指導があるかどうかは定かではないが、オジサン達にはちょっぴり残念だ。師(教師)に対する感謝の念を教え、学舎との別れを惜しむ。広い意味での道徳を軽んじたら…。


日川高校2



 飛躍するかも知れないが、「先生と生徒・児童は同じ目線で」、そんな風潮が学校や教育を壊す引き金になっていないか。子供達に先生を敬い、親を敬う心を教えなかったら…。学校や家庭内の暴力、果ては我が子の非をそっちのけで、ことある度に学校に押し込むモンスターピィアレント。知らぬ間にそんな親を作くっていないか。先生がそのスタンスとして、子供達を思いやり、その“身の丈”にあった目線から教育を考える、そのことが悪いと言っているのではない。ちょっとしたことだろうが、何処かで歯車が狂っていないか。




 「今日の卒業式、爽やかだったねえ。学校側のきちっとした姿勢。それと同じ生徒達の態度。感動した。胸にこみ上げるものがありましたよ…」


 日川高校ほか+011_convert_20110428212323


 母校・日川高校の卒業式があった日。体育館での式の後、校長応接室に戻った来賓の何人かが期せずして、こんな感想を漏らした。それほど厳粛で爽やかな卒業式だった。卒業生275人の名前がクラスごとに一人一人呼ばれ、その代表に校長から卒業証書が。校長はモーニング服に威儀を正し、式辞を述べた。この辺までは何処も同じだろう。名前を呼ばれて爽やかに返事を返す生徒達。式次第の節々で行う起立と礼。その礼節ぶりが式場に厳粛さを醸し出していた。校長は「使命感に燃えた輝く若者であれ」と、餞の言葉を贈った。




ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「
甲信越情報」をクリック いただけると励みになります。
新バナー

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  ← 「山梨情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

蛍の光 歌詞 三.・四

ご参考まで

唱歌 我は海の子 白波の・・・歌詞七番

「いで大船を乗り出して、我は拾わん海の富 いで軍艦に乗り組みて  我は護らん海の国」   と軍国主義的内容を含む。

明治14年小学唱歌集 蛍の光 歌詞三番・四番

「つくしのきわみ みちのおく うみやま とおくへだつとも そのまごごろは へだてなく ひとつにつくせや くにのため」    「ちしまのおくも おきなわも やしまのうちの まもりなり いたらんくにに いさお しく つとめよ わがせ つつがなく」 より直截 千島や沖縄が出てくる。

http://plaza.rakuten.co.jp/camphorac/diary/200704300000/comment/res/?cid=200709302048586197

ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!