パソコン革命

封筒と万年筆



 筆、ペン、万年筆、ボールペン、鉛筆…。パソコンは文字文化を支えてきたツールを片っ端から飲み込んで、“我が世の春”を謳歌する勢いだ。400字という文字の単位を築き挙げてきた原稿用紙だって同じ。消しゴム、下敷き、鉛筆削り、筆箱…。いわゆる文房具というヤツを丸ごと飲み込んで知らぬ顔をしている時代がやって来た。


県立美術館芸術の森1_convert_20130508111832
「芸術の森」佐藤正明のビックアップルNo45をのぞむ丘



 甲府の郊外に山梨県立の「芸術の森」というのがあって、そこには美術館や文学館がある。美術館はひと頃、“ミレーの美術館”として脚光を浴び、今でも人気は衰えていない。その目と鼻の先にあるのが文学館。ミレーの常設展と並んで、タイムリーに開く特設展行きの後には、必ずと言っていいほど、この文学館を覗く。


山梨県立文学館_convert_20130508112510
山梨県立文学館



 美術館と比べれば、こちらは、ちょっと地味な存在だが、関心を持ってみれば結構面白い。太宰治や芥川龍之介など山梨ゆかりの文豪達の企画展をやっているのだ。そこに必ずと言っていいほど展示されているのが、それぞれの作家の執筆原稿。それも名だたるヒット作の生原稿だから、興味が沸かないはずがない。

 


 二本棒で消したり、黒く塗りつぶして消したり、矢印で字句の入れ替えをしたり。原稿の推敲の跡が見る者をリアルな世界に引きずり込むのだ。そんな文字の動きは、作家達の心の動きそのものだから、見る人にストレートに生々しさを伝えてくれる。言うまでもなく人間が書いた文字だからで、その心の動きまでが原稿用紙のマス目に息づいている。




 これがパソコンで綺麗に打たれた人工の文字だったら、ショーケースをのぞき込む人は誰もいまい。文字に個性があって、書き手の息づかいが伝わって来るから面白いのであって、パソコン文字の原稿など興味を抱かせる筈がない。逆の見方をすれば、それは見る側の勝手な感情であって、合理性だったら、これに勝るものはあるまい。




 消しゴムもいらなければ、修正液もいらない。不都合なことがあれば、キーを一つ叩けば消してくれるし、字句の入れ替えをしようと思えば、いとも簡単にやってくれる。コピペ(コピー・アンド・ペースト)、つまり、コピーしたり、それを貼り付けたりすることだって、いとも簡単。そう言えば修正液なるシロモノ、何時しか姿を消してしまった。


手紙2


 お目当ての活字が見当たらなければ、「手書き文字」で検索すれば、見つけてくれる。インターネットを絡ませれば、辞書機能も含めて、あらゆる情報を導き出せるのだ。和文から英文に、その逆だってワンタッチでやってくれる。翻訳機能だ。




 「人間は考える葦である」。何処かの国に、そんなことを言った哲学者がいた。それから数世紀。電卓もそうだが、パソコンを生み出した人間は、自ら記憶する努力や考えることをしなくなった。特に漢字だ。ただでも物忘れが進んでいる私なんか、それに拍車を掛けるように、どんどん、忘れていくのである。パソコンの変換機能に頼るためで、新たな記憶の蓄積をしないばかりか、考える事を忘れるのである。



 パソコンの普及は諸刃の剣。便利の一方で、マイナーな一面も助長しているのである。インターネット社会は、これから、もっと、もっと進化する。化け物のように…。



ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「
甲信越情報」をクリック いただけると励みになります。
新バナー

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  ← 「山梨情報」 こちらも応援よろしくお願いします


ありがとうございました!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

パソコンの特質

 パソコンは、情報の受・発信ツールと考えると便利な物と言えますが、簡単に削除や書き換えのできる事が 大きな欠陥でも有ります。 例えば『新聞』これは紛れ無く歴史の証言者 証拠になり得るが パソコン ウエブサイトに載せられた情報は無理でしょう
私のブログは色々と引用される事が有るのですが、よく出版物になさいませんかと尋ねられます。 本の引用とウェブサイトに上がっている情報とは学の世界では根本的に違う扱いになっているようです。 今は 便利便利と使っていますが 本来パソコンの持つ性質や、システムの脆弱性に皆が気付き出したら 幾らかパソコンの評価も変わってくると愚考致します。

便利さの影に

 何事にも言えるのでしょうが、便利さの陰には、必ず払わなければならぬ“代償”が。それはお金だったり、もっと貴い“何か”だったりします。人間は道具を生み出し、やがてその道具に振り回される。皮肉なものです。
ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!