富士登山(再)

富士山2_convert_20110626205349


 あれから半世紀。と言っても私事だが、富士登山をめぐる様相やスタイルは大きく変わった。私が富士山に二度目に登ったのは昭和30年代も終わりの頃。例えば東京を起点にした登山者の富士山への“助走路”一つとっても国鉄中央線はJRに移行され、私鉄・富士急行線終着駅の河口湖駅から出ていた富士山登山バスは姿を消した。




 JR中央線には30分間隔で特急「あずさ」「かいじ」が走り、河口湖からは有料の富士山自動車道(富士スバルライン)が五合目まで伸びている。東京・新宿からの所要時間は大月までが丁度1時間。富士急行線も1時間足らず、河口湖から五合目までがバスで4~50分だから乗り継ぎ時間を入れても、新宿から3時間半、4時間もあれば雲海を見下ろす富士山五合目に立つことが出来る。東京駅―新宿間は15分。特急「あずさ」や「かいじ」も列車によって東京駅から離発着する。


富士スバルライン_convert_20120704103003
富士スバルライン



 その便利さが富士山人気と相まって登山者の増加に拍車をかけ、ここ数年、その数は、わずか2ヶ月足らずの夏山シーズン中に限ってみても25 万人を超す。この数字は山頂を目指す登山客の数。五合目にやって来ては引き返す観光客を含めると、その数は何倍にも、何十倍にも膨れあがるのだ。




 毎日、五合目の駐車場は車で溢れ、広場はまるで東京の繁華街並みの混雑を呈すのである。期間を区切ってマイカー規制もするが、観光バスだけでも駐車場が埋まる。観光バスは全国の旅行社が募集する富士山ツアー。五合目観光組は、そんなお客さんが多くを占める。中には富士登山を目的にしたツアーバスも。関西や四国、中国方面、東北などツアーの登山者は全国に及ぶ。バスは時間にして一日近くそこで待つことになるのだ。


五合目_convert_20110806221343
富士山五合目



 山ガールと呼ばれる女の子やおばさん達のグループも目立つ。「おばさん達とはなによ」。ご婦人からは、そう叱られるかも知れないが、私のような野暮天にはそう映ってしまうのだ。中にはハイヒール姿で山登りに挑む若い女性も。交通手段の進化など安易さと便利さが富士登山や観光の姿をどんどん変えている。




 でも富士山を甘く見てはいけない。3,776㍍。日本一の高さを誇る山だ。一瞬に気象も変えれば、ご機嫌を損なえば風を巻き起こし、雨も降らす。目の前の視界を遮るガスをも発生させる。夏といえども8合目から上は残雪がいっぱい。7月1日のお山開きに備えて、山梨県や地元富士吉田市は、登山道を中心に大がかりな除雪作業をした。残雪は我が家の窓越しからも見えるくらいだから、その量は半端ではないはずだ。それよりもなによりも、この富士山はユネスコの世界遺産に。「日本一の山」に新たな看板を掛ける。この夏、視点を変えて国の内外から登山客を集めるのだろう。



富士山_convert_20110108220633



 安心、安全。当たり前だが、今の世の中ありとあらゆるもの「危険」を取り除く。登山道も下山道もきちっとコース化している。かつては「砂走り」と呼ばれる所があって下山する時は、そこを舞い降りるように下りた。登る時は今とそれほど変わらない登山道を一歩一歩、確かめるように悪戦苦闘して歩くのだが、帰りは簡単。「砂走り」の文字通り一面が細かい砂地。落差も手伝って勢いが加わるので、大げさに言えば、一歩が10㍍も進む。まさに「舞い降りる」、と言う表現がピッタリ。今になれば懐かしい。(次回に続く)


ブログランキングに参加中です。  
 ↓この下の「山梨情報」をクリック いただけると励みになります。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ  


こちらもよろしくお願いします!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


ありがとうございました!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

昔 私も 登山したものですが、遠くからみる美しさとはちがい 岩石と砂、に四苦八苦したものです。登山靴などのフル装備だったのですが、ペース配分に失敗し あわや高山病などという危険を感じたものです。霧の多さも往生しました。
ハイヒールや普通の靴で着替えも用意しない観光登山者で死者が出ないのが不思議なくらいの山です。

見る山

 富士山は登る山ではなくて遠くも近くも“眺める山”かも知れません。小たぬきさんが仰る通り、登ってみれば溶岩だらけのなんの変哲もない山です。でも、日本一の山を征服できることだけは確かです。
ランキング参加中です!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
おきてがみ
プロフィール

やまびこ

Author:やまびこ
 悠々自適とは行きませんが、職場を離れた後は農業見習いで頑張っています。傍ら、人権擁護委員の活動やロータリー、ユネスコの活動などボランティアも。農業は見習いとはいえ、なす、キュウリ、トマト、ジャガイモ、何でもOK。見よう見まね、植木の剪定も。でも高い所が怖くなりました。
 ブログは身近に見たもの、感じたものをエッセイ風に綴っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
ブログ成分解析
ブログランキングならblogram
検索フォーム
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

全国からアクセスありがとう!

ジオターゲティング
最新トラックバック
アルバム
リンク
忍者ツール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!